ホーム>キッチン
リフォームするときの「システムキッチンの選び方」
「プラン」を選びましょう

家族と一緒に作業したい。キッチンだけ別にとるスペースの余裕がない場合は、オープンスタイルにリフォーム!アイランド型が人気ですが、作業する手元を隠したいならセミオープンに。

リフォームメニュー

クローズド・独立型

キッチンセットの前後に壁があり、ダイニングが別室になっている。煙や作業の音が流れにくい。


セミオープン・対面式

ダイニングに向かった壁 が部分的にオープンになっている。作業しながら会話も楽しめる。



オープン・対面式

ダイニング側には壁も吊り戸棚もなく、フルオープンになっており開放的。現在は最も人気。


オープン・壁付け

キッチンセットの前面に 壁があり、背面にダイニングがある。最も省スペースなスタイル。



システムキッチンのレイアウト
オープン壁掛け
I 型
オープン壁掛け
L 型
オープン対面式 オープン対面式
アイランド型
クローズド
孤立型 II 型
「間口寸法」を決めましょう

概ね1650~3000まで150刻みであなたにぴったりのキッチンを選んでください。また、シリーズによってはカウンターの高さを通常は850ですが、800・900などに変更できるものも。

「機器・オプション」を選びましょう

加熱機器はガスコンロ?それともIHクッキングヒーター? 好評の食器洗い乾燥機など、使い勝手や予算を考慮してお選びください。

「カラー」を選びましょう

カウンタートップ・扉カラーをお選びください。なかでも扉材は種類が多く、価格に大きく差がつきます。

システムキッチンの「豆知識」
① レンジフード
プロペラファンとシロッコファンがあります。お掃除しやすいシリーズも人気。
② カウンタートップ
ステンレスか人造大理石かが一般的。いずれも機能的ですが、より耐久性が優れるのはステンレス。 質感がよくインテリア性を重視したい人には人造大理石がよいでしょう。
③ 加熱機器
ガスコンロかIHクッキングヒータの選択を。
④ カップボード
食器棚のこと。キッチンと扉の色を揃えることで、統一感がでます。
⑤ 家電収納
ごちゃつきやすい家電をすっきり収納。
⑥ 食器洗い乾燥機
あなたの家事をお手伝い。節水タイプで省エネです。
その他のオプションリフォーム
シンク ダストボックス 水栓金具
アイランド型にするときはぜひ静音設計されたものを。リビングに聞こえる水音を軽減します。 カップボードをプランするならぜひダストボックスを。かさばるごみをすっきり片付けましょう。 シンクの内の汚れを隅々まで洗い易いシャワータイプ、浄水器一体型水栓など。